Loading

公演情報

【公演終了】2005.9.17開催 異説カルメン情話

公演は終了しました。ご来場ありがとうございました。

オペラ・カルメンと人形浄瑠璃の融合
The Opera CARMEN by the way of JORURI
よく知られているオペラ・カルメンを人形浄瑠璃の手法を取り入れて、義太夫の語りとともに上演する。歌手はフランス語で歌うが、動きは人形振りを元に人形浄瑠璃のごとく演じる。演奏会形式。
All singers sing the airs of the CARMEN in French ,the original language in playing of JORURI( the marionettes theater).

2005年9月17日公演チラシ

2005年9月17日公演情報

2005年9月17日(土)
17:00開演
愛知万博長久手会場EXPOドーム

主催/愛知県
問い合わせ/OFFICEリラン 052-733-8809

 

 

 

指揮・プロデュース:松尾葉子(まつおようこ)
Yoko Matsuo [Conductor/Producer]

演出・振付:五條園美(ごじょうそのみ)
Sonomi Gojo [Director/Choreography]

カルメン:河野めぐみ(こうのめぐみ)
Megumi Kono [Carmen]

ドン・ホセ:神田豊壽(かんだとよひさ)
Toyohisa Kanda [Don José]

ミカエラ:池田京子(いけだきょうこ)
Kyoko Ikeda [Micaëla]

エスカミーリョ:稲垣俊也(いながきとしや)
Toshiya Inagaki [Escamillo]

管弦楽:セントラル愛知交響楽団
Central Aichi Symphony Orchestra [Orchestra]

浄瑠璃:竹本駒之助(たけもとこまのすけ)
Komanosuke Tkakemoto [Joruri/Gidayu]

三味線:鶴澤三寿々(つるざわさんすず)
Sansuzu Tsuruzawa [Shamisen/Gidayu]

人形遣い:藤間勘人(ふじまかんひと)
Kanhito Fujima [Puppeteers]

人形遣い:花柳久宗(はなやぎひさむね)
Hisamune Hanayagi [Puppeteers]

人形遣い:松川竜之助(まつかわたつのすけ)
Tatsunosuke Matukawa [Puppeteers]

異説「カルメン情話」プログラムより

ビゼーのオペラ「カルメン」は世界中で愛され、幾度となく上演されてきたことであろう。このオペラは1800年頃のスペイン・セヴィリャの町を舞台に物語が展開される。
一方、わが国では江戸時代、近松門左衛門の書いた浄瑠璃が大人気となっていた。実際に起こった情話をもとに作られた浄瑠璃は、事件そのものを伝えるというよりも人情に訴えかける「せつなさ」がもてはやされたのであろう。
オーケストラをコンサートと同じように舞台に配置して、その奥に人形浄瑠璃のための舞台を作る。そして歌い手が人形の動きをする。歌はビゼーの作曲した原語(フランス語)で歌われ、義太夫·三味線を語りにして本来セリフであるところを上手くつなぎたいと思う。オペラ・カルメンは上演時間が長いので、コンサートのためにやむを得ずカットすることになった。
スペインで起きた自由奔放なカルメンを取り巻く情話が、海を渡って日本の文化としてどのように描くことができるか、お楽しみください。
松尾葉子

The Romance of “Carmen” from a “JORURI” perspective.

Bizet’s much loved opera “Carmen” , has been performed many times all over the world.
The opera “Carmen” is set in Spain, in Seville around 1800; the city serves as the stage where all the scenes of the opera unfold.
Around the same time, in Japan’s, Edo Period the “JORURI”(浄瑠璃) (a traditional puppet drama show performed to the accompaniment of the shamisen, a traditional Japanese three-stringed banjo-like instrument) was written by Chikamatsu Monzaemon (近松門左衛門) was very popular.
“JORURI” is based on a detailed retelling of actual events, but it’s popular appeal lay it’s portrayal of human kindness.
We based our rendition of “Carmen” in the tradition of “JORURI”,although the orchestra is in it’s traditional location, the stage has been set to look like a “JORURI” set, with the “GIDAYU”(narrator) and shamisen players on the right side of the stage.
The singers are made to mimic the movement of puppets and this illusion is made complete by the presence of puppeteers behind them.
Although all the songs are sung in the original’s French language,the skillful use of the “GIDAYU” and the Shamisen players effectively brings “Carmen” into the “JORURI” tradition.
“Carmen” is normally a long opera but we have shortened it’s presentation because of time constraints.
We hope that you will enjoy our rendition of “Carmen’ s” exuberant portrayal of freedom brought into a Japanese setting .
Yoko Matsuo

【公演終了】2019.12.29開催 ファンタスティック・ガラコンサート2019

関連記事

  1. 【公演終了】2019.4.17開催 第87回日本音楽コンクール受賞記念演奏会

    2019.04.17
  2. 【公演終了】2018.11.25開催 刈谷市民管弦楽団35回定期演奏会

    2018.11.25
  3. 【公演終了】2019.7.20開催 オーケストラHA’MON第41回…

    2019.07.20
  4. 【公演終了】2019.11.17開催 練馬交響楽団 第70回定期演奏会

    2019.11.17
  5. 【公演終了】2018.10.13開催 文京シビック合唱団 第16回定期演奏会

    2018.10.13
  6. 【公演終了】2018.12.29開催 ファンタスティック・ガラコンサート2018…

    2018.12.29
PAGE TOP
error: Content is protected !!